FC2ブログ

masumacDiary

念願叶った縦書き日記。ぜひPCモードでご覧いただきたい!

狂言。 

観劇/鑑賞 |


 あしたは陰陽師やりますね。
20121030

 この日曜日、初めて狂言の舞台を観てきました。ここは正直に申しましょう。野村萬斎さんが観たかったから行ったんです。萬斎さんのことを好きな友人が誘ってくれたんです。でももちろん狂言にも興味はありましたよ。ただ萬斎さんじゃなかったら、直接足を運ぶことまではしなかったんだろうな…。。
 以前千駄ヶ谷にある会社に勤めていたので、国立能楽堂はランチの場でした。館内の食堂は平日ランチやっているのだ。いつか舞台観にきてみたいなぁとは思っていたけど、案外早くに叶いました。

 さて肝心の舞台ですが。
 なんせはじめてなもんで、まず場の雰囲気にのまれ。ほえ〜、ほあ〜、としているうちにあっさり始まり。普通のホールなどでの劇と違って、幕もなく舞台見えているし、スポットライトが当たるでもなく、「そこからそのまま」始まる印象。一瞬で入る「スイッチ」はなんだ?演者の存在感?

 わたしの萬斎さんのイメージは朝ドラ「あぐり」のエイスケさんと「陰陽師」の安倍晴明サマ。だけどこっちが「本家」の萬斎さんなのだよね。わたしはこういうとき、情けないかな表現が下手でコトバにできないので、感覚でお察しください。日本の伝統芸能って美しいですな。すごいね。身体が表現媒体というか声も動きも、制約ばりばりなのは日本らしいというのだろうか…。「型」というのですか。すり足、独特の姿勢。声。
 敷居が高そうに見えて、狂言の内容は結構庶民的なものが多いらしく、話が面白く楽しめた。特に「茸(くさびら)」は可愛かった!!狂言には人間外の生き物も出て来るのね。それが今回は「きのこ」。しゃがんだ姿勢のまましゃかしゃか動き回る様子は、ディズニーアニメの「ファンタジア」のキノコの踊りを思い出した。可愛いんだよ!これが。狂言で可愛いと思うとは想定外だったわ〜。

 明日はそんな萬斎さんの「陰陽師」(あれ萬斎さんの映画初主演作だったんですね)をテレビでやりますね。観たいっ。
 そして11月公開の「のぼうの城」も観たいっ。

 11月は堺さんの映画も公開控えてるんだよ。(「その夜の侍」)
 (↑なぜいきなり堺さんになるかな)

 忙し忙し。そわそわ。
 あっ、オーストラリアではBeck のライブもあるんだよな〜。ネットで観れないかな〜。

 あっ!!陰陽師といえば、YouTube にこんな動画がありました。
 かかかかかっちょいい!!

陰陽師ー舞ー

 今日は満月ですって。
 だば。

スポンサーサイト



20:33 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hougyokusousyou.blog.fc2.com/tb.php/22-1171cf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)