FC2ブログ

masumacDiary

念願叶った縦書き日記。ぜひPCモードでご覧いただきたい!


 奴は髪の毛の扱いを心得ている。

 さて、何を言い出したのかというとですね。
 説明すると長くなるので端的に行こう。ケーブルテレビで月に1公演、キャラメルボックスの過去舞台を放送する「キャラメルボックスTV」なるものの存在を知った。が、時すでに遅し。今月の放送は7月1日が前編、今週は後編なのだ。舞台は二〇〇五年「TRUTH 」。上川さんも出演。これ、ずっと観てみたかった舞台なんだよな。確か上川さんが割と悪役で殺陣が多いという下馬評。
 まぁ後半だけではあったが、観劇のチャンスにあやかっただけ、ありがたいと思おう。
 で、だ。
 相変わらずかっこいいんだな、我らが副長はさ。関係ないけど先日友人と風の話をしていて気付いたら自分普通に「上川副長」言ってたよ。そして上川さん言いたい場面で「土方さん」て言ってたよ。あぁもうしょうがねぇかこれ。
 …もとい。
 他の人が大声出してる時って私にはどうしても若干「怒鳴っている」的に聞こえるのだが、上川さんてあくまで「大きな声」なんだよな。「ドスの利いた大声」なんだよ。場が締まるんだな、その響き。怒鳴るようなシーンになると怒鳴るというよりむしろ「吠えている」といった風情。格好良いぜ。
 そしてここでも殺陣だ。
 「お!」と思った1シーン。ややネタバレ?そうでもないか?上川さん演ずるきょうが相手に詰め寄るシーンで。刀を抜くか抜くまいかジリジリ迫るかのような場面で。上川さん、刀の柄をぐっと下げ。ここまではまぁいい。次。ぐい、とちょっと捻る。
20120709_2
 捻るというか、刀を寝かせる。
 …つまり、「鞘走りざま薙ぎ斬れる、角度」だ。何と言うか…「分かっている…!」刀の扱いにあまりに慣れている…。演技での小道具ではない、本当に刀を使う武士の仕草そのものとでも言うか。自然な動作に見えるんだよ。身に付いた自然な仕草に。演出といえばそれまでだけれども、その相手への威嚇のセリフと刀を捻るそのタイミングというか。そしてそのさりげなさ。役者ってすごい、上川さんてすごい、と改めてハッとさせられた仕草だった。
 
 そして、だ。
 表題太字、髪の毛。
 
 これは前述の蛮幽鬼でも感じていたが、殺陣で動き回るときの髪の毛の振り乱し方。これって結構侮れない。ダンスでも髪の毛が揺れる様子ってかなりなアクセントになると思うが、殺陣も同様で。そして!上川さん髪の扱い、うまい!!走って振り返る時とかの、髪の毛の振り乱し方が、何と言うか…アヤシい表現だが、色っぽい!綺麗に乱れるんだよ、髪が!動きがいいんだ、髪の!ふわって!「ザッ!」ってなるんよ!!もうどきっとしちまうよ、その動き。
ウツクシイよ土方君…。(←!)
20120709
 立ち居振る舞いの妙を心得ているのだな。これ無意識だったらすごいけど流石にいろいろと考えあっての仕草だよね?そうだよね?でも袴で座るときに必ずひざ裏に一度手をスパン!て当てて袴の形を崩さず座るとか(その仕草も綺麗)(これほかの役者さんやってないし)(某さんも指摘なさってましたよね♡すごい同意)、刀を扱い慣れたちょっとした動作とか(刀を鞘に仕舞うとき刀見てないし…)ほんとに所作が「いつも着てる」的な自然さに加え計算された綺麗な振る舞い、すでに「身体の一部」的に馴染んだ刀の扱い。とにかくやっぱり土方…いや上川さん、ただ者じゃないなぁ。(しみじみ)

 おそらく全編通してわりとシリアスなムードで進むのだが、お約束(?)なちょいウケ的シーンもあり。
「だからいらねぇっつってんだろうがよ!!‥‥‥‥ごめんなさい」

 大好きですよ、上川副長!!



(それにしても関係ないが、むかしのグータンヌーボをネットで観たのだが、唐沢さん、上川さん、藤原竜也くんの男3人トークがめっさ面白かった。上川さんがいちいち唐沢寿明の細かいボケに几帳面に細かくツッコんでいた)

 ところで最後舞台が暗転していく中、主人公にスポットが残りつつフェードしていくわけだが、私はずっと舞台中央より少し左端に片膝立てて腕を押さえて(斬られた)しゃがむ、暗くなってゆく上川さんを見続けていました。いつもそんなんです。ごめんなさい定点視野で。

スポンサーサイト



01:04 |  trackback: 0 | comment: 3 | edit

思うところこれあり。 

新選組/風光る |


20120629
 ふと、笑顔の副長が描きたくなり。

 32巻感想、本誌ネタバレ史実バレ。
風は好きだが新選組がどうなったか今知らないしまだ知りたくないし、といった方、単行本でじわりと楽しんで行く派の方などは以下の文章はお読みにならない方がよろしいかと。

 つい感傷的になってしまうのを一体誰に責められよう。という感じですよね、だって。一番幸せな時代が終わろうとしている。これから先、彼らにとっては闘いの日々になるのだから。遂にフラグも立ってしまったし。あ〜ぁ。
 ところでまず断っておきますが、わたしはあくまで副長目線で語ります。だって土方さん親衛隊だもん(は?)。しみじみ思ったのだ。32巻の内容があまりに記憶から抜け落ちていて。読んでたのにね、本誌。パラっとした記憶になってたな〜。なぜなら副長絡みではなかったから。もちろん1コマ2コマ「ふふ♡」的コマもあるにはあったが。てか幕臣取り立て話の辺りの、試衛館メンバー笑顔集結の1コマは何だか見ていてすっげー切なくなった。特に土方さんの笑顔が。滅多にないだけに。
 近藤さんの為なら何でもするんだろうなー、と。幕府が腐ろうが何だろうが、土方さんにはどーだっていいんだろう、言ってしまえば。そこ伊藤参謀も土方さんをわかってねーな、と思ったとこなんだが。近藤さんが「そうする」といったら「そうか」と言ってそれを助けるのが土方歳三なんだよ、きっと。幕府を支えるんだ、と近藤さんが言えば、それがどんなにしょーもない輩でも土方さんは付いて行くんじゃないのか?幕府から心が離れたところでそれが近藤さんとの乖離となるわけねーだろーが阿呆、と(笑)。何せ土方さんにとって近藤さんは夢を叶えてくれた張本人なのだから。近藤勇が誠の武士である限り、土方歳三は横に在るのだよ。
 語るぜ。夜だからな。(←もはや誰これ)

 さて、本誌も交えていきますが。
てか泣きまくってるな、総司。全然泣いてたな、すでにセイちゃんの前で。(小花さんとき)
 で。
 セイちゃん、そこ疑問に思わないのか!?
 あの沖田先生が涙流してるんだよ、目の前で?幾度となく!過去振り返ってもあり得なかったのに、だ。我ら読者はさ、「あぁ沖田先生、セイちゃんのためなら泣くようになったんかー」的な、「心が動くようになったんだー」的な想いがあるが。当事者!!ソコどうなん!?山南さんの時に泣かなかった武士の沖田先生は最早スルーなのか!?副長が引っ越しを急ぐのはピンと来るのに!
 というか「真っ先に駆けつけ一番最後まで声が出なかった」副長が愛しすぎる。(ニュアンス。正しくは異なる言い回しだったらお許しを。貸していて本誌が手元にない。)優し過ぎだ、鬼副長。セイちゃん、その辺もうちょっとキュン♡としてあげて!
 というか、こと土方さんに関しては、わたしの脳内には伊藤参謀とほぼ同等の虫が居る。確実に。きっと参謀と「副長語り」をしたら一晩くらい優に飲み明かせる自信が在る。ここ最近、ますます土方さんが美しくなっていくように見えて仕方ない。何もないところで転ぶ副長をわたしが起こしてあげたいよ。傷つく近藤さんを力づけるのが土方さんなら、土方さんはじゃあ誰に寄りかかれるというのだ!まぁ近藤さんの存在が支えになってるからいいのだろうが…と、考えるとじゃあ先々が切なすぎるじゃないかバカ〜!

 …と、テンでバラバラな感想を連ねてしまったが。どうしても悲壮な方へと思考が向かってしまう。だって新選組のこれからだもんな、仕方がないのか?
 しかしそんな慟哭を吐き出せるこの場があるのだ、頑張って付いてゆこう。
(しかし長い…長過ぎる語りだ…)
02:00 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

願い事たぁ… 

新選組/風光る |


 七夕
 土方さんは京都に在って祭りに行くことなんてあったのだろうか。みんなが揃って祭りに出掛けても、ひとり屯所に残ってお茶飲みながら発句でもしていたのだろうか。
「局長、副長が揃いも揃って祭りに浮かれてどうする!? 俺はいい。そもそも騒がしいのは好きじゃねぇんだ。近藤さんは行ってくればいい。お孝も楽しみにしてんだろ」
 とか何とか言って。
 で、夜も更けた頃に「トシ〜♪」とかって近藤さんがべっ甲飴とか買って来て「ほら、食え!」みたいな。
「近藤さん、ガキじゃねぇんだから…」
 とか言いつつ近藤さんの「…要らんのか?」ってちょっと寂しそうな顔を見て「そうじゃねぇよ!」って頬を赤くしながら受け取る、みたいな。
00:24 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

すまん、今しばらく。 

新選組/風光る |


 もう少々、お付き合いくださいませ。でも今回は(無理矢理)関連付けてます(笑)
  こちらは(忘れてたけど)このシーンをきっかけに副長に惚れた気もする(え?)多分大好きシーンベスト3に入りそうな本家のワンシーンです。
本家歳セイ ていうか、ほんとここまで土方さんに可愛がられて羨ましすぎるぞ清三郎。てかここまで密着されてちょっとは意識しろよ(無駄怒り)。おかげでこっちが逆にドッキリしちゃって土方さんに惚れちゃったんだよ。さすがだよ副長(意味不明)。それにしても、まるこ先生の線てキレイだな。スキャンした時拡大画をみて改めて感心。

 そしてお次はエディ・マーフィと我らが(?)マイコーのPV よりワンカット。こういうシーンて「見てるこっちがテレるじゃんか!」で思い出して引っ張り出して来てみました。
mj_eddie …それだけか、と?はいそれだけです。あはは。関連づけてます、って全然内容は関連のカケラもないじゃないかとかいう噂もありますが、それは天下のマイケル・ジャクソンに免じて。
mj_eddie2 こんな可愛らしいシーンもあるんだぞ。
そういえば頭上でピースてリサ・マリーにもしてたよな…。
 この時のマイケルなんて35歳なんだぞ。中年おっさんだぞ。…享年の近藤さんと同い年!?…と考えるとなんかスゴイな(なにが?)

mj_toshi
 さてこんなPV に興味のある方はYouTube にございましたぞ。
か〜わいいでやんの。(これのDVD どこに仕舞ったっけな自分…)
 あれ、もしかしてこのビデオ知らないひとにはある意味ネタバレ的なことしちゃったのか?
◆Whatzup wit U
02:32 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

食いたいときほど手元にねぇ。 

新選組/風光る |


pockey


↑たぶん、誰に買いに行かせようか
考えていると思われます。

久しぶりに風光るをちょいちょい読み返していますが(きちんと初めからではないが)、いつから土方さんのことがそんなに好きになったんだっけか。当初はそれこそ大の斎藤さんファンだったんよ、わたし。それが今やかっしーレベルで「土方さんてばホンットに可愛いんだから♡」くらいな感じです。
 ホントに意地っ張りで優しくって格好良くて頭も切れて、とことん不器用で、火の様な夢想家の土方副長が最高です。

21:49 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit