FC2ブログ

masumacDiary

念願叶った縦書き日記。ぜひPCモードでご覧いただきたい!

正式にお引っ越しモード。 

ひとりごと |


 引っ越ししてきた的な。

 もともと、gooブログで日々のことを綴っておりました。
 が、このほどそちらの更新はおしまいにして、もうこっちに完全移行することに決めた!!だって念願の縦書きだもの〜♪
 こっちへの、以前の記事の読み込みも考えたけれど、見返してみれば結構な量でござんすのね。もともとが文章書くのが好きなもんだから、長いし多いし…。データが消えちゃうわけでもないし(たぶん)コメントいただいたものまでは引っ越しできないだろうし、あちらはあちらでこのまま残しておこう…。

 …あっ、バナーも更新しなくては…
 そそそそそのうち更新しよう(汗)

以前のブログ
masumacDiary(goo)
スポンサーサイト



19:43 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

本日のお買い物 

お買い物日記 |


 お買い物日記開始。
20121126
 うっほっほ。
 買ったった、買ったった。
 先日のバイト帰りにnico and …  で購入。

 うほーカワイイ!!とひとめぼれンヌ。

 フェイクファーベストと、レース付き綿一〇〇%のタンクトップ。メルマガ登録で一〇%オフですってよ、奥さん!!てなわけで。

ラビットファーとかリアルファーが苦手なわたしにはこの柔らかフェイクファーは貴重な出会い♡いやーん気持ちいい〜

 生クリーム色のボトムと合わせてグラデーションカラーのコーデにしたいわぁ〜…ってそんな色のボトムがないことに気付いた今日この頃でやんす。わぅっ。

 常々思うんだけれど、なんで可愛い服見るとあんなにワクワクするのか不思議。なぜ?なにがそんなにワクワクさせてくれるんだ?気持ちいい〜、とかこの色美味しそう〜、とかがいつもキーポイントになっているような気がする。癒されてるのか!? それともちょっと違うか。うーん、美味しいもの食べて幸せな気持ちになるのと似てるのかな〜。動物でいうところの「毛繕いして気持ちいいわ〜」みたいな感覚なのかな。(どんなだ)動物は着替えできないもんねぇ、ってよく夏場に暑そうにしてるうちのわんこ見ていて思うけど。夏毛、冬毛には生え変わるけど。
 …って動物ってすごいな。人間も冬は暑肌、夏は薄肌とか?あ、でも人間も冬場のほうが脂肪溜め込みやすくなるんだっけ?
 え、ほんと?

 …ってなんの話だったんだっけ。

12:25 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

お買い物日記に興味はあるか 

ひとりごと |


 買い物日記に関する考察

20121121
 なにか書きたいことがあったと思われるのだが残念ながらそれがなんだったのかが思い出せない。(写真は記事とは無関係)
 …なんてことはよくあることで。
 さて開設6年目突入のBeck とマイケル・ジャクソン特化ブログ、久々更新してきた。
(こちら⇒masumacworld )

 わたしは長年アパレルに関わる仕事をしてきたためか、服飾雑貨およびインテリアが好きだ。おかげで服も沢山買った。今でこそ買う量はセーブするようになったものの、やっぱり服は好き。たまに買ったときにはうきうきする。
 さてここで少し話は逸れるが、先日有名なママさんブロガーさんにお会いする機会があった(とはいえわたしは存じ上げなかったという無礼者だが)。かわいいコーディネートとか買った物とか、アップされているようなのだが。
 例えばわたしが購入してきた物を「こんなもの買っちゃった♡」って記事にして、そこでヒトって興味を示してくれるのか?とふと思ったのだ。
 ん?これって単なるネガティブ思考か?
 別に嬉しくて誰かに言いたければ好きに言えばいいじゃないのよ、ってつまりそういうことか。そうだよな。なにも「こんなのアップしたって…」って勝手にいじけてどうするってことよね。嬉しかったらそれでい〜じゃないか〜そ〜だそ〜だ〜(←どうした)

 これに通ずるかどうかわからないが(多分無関係)、「女子力とはなんぞや」という疑問も最近抱いていた。というのも女子は必ずしも「ふわふわでキラキラでピンクの服」を着なきゃあかんのか、という疑問だ。女子力上げるにはそうせい、という風潮に疑問を持ったのだ。ちなみにわたしはいわゆるオジカジ(オヤジカジュアル)が好きだ。いや、オヤジっぽいを通り越し、友人には「格好、オヤジだよね」っていう完全にオヤジというかおじいちゃん的ファッションを好んでいたのだ。
 悪かない、と思うよ。ひとそれぞれ、好きなファッションが異なるからこそアパレル業界成り立ってるんだし。それが個性だし。
 それを踏まえ、私の場合は何がいけなかったかというと、私が「女性である自分」を好きでなかったらしい、というところが本当の問題だったのだ。どこぞの本で読んだのだが、「ピンクを着れない女性は、女性である自分を愛せていない」と、そういったことだ。つまり可愛らしくピンク色の服を毛嫌いすらしかねなかったワタシは心も完全にオヤジ化していたのだ。おっさんだったのだ。
 なんのおかげか、最近はカワイイ服も着たくなる。モヘアのセーターとかスワロフスキーがキラキラしてるようなカーデとか。
 …おぉ、自分、おなごの己を好きになってきとるんやないかぇ。(←だれ)

 おなごの自分を好きな上でするオジカジはまた前述とは仕上がりが異なるんじゃないかと思うのさ。

 そしてお気に入りのものを見つけたらうきうきしながらアップするのさ、これからは。
 

22:37 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

狂言。 

観劇/鑑賞 |


 あしたは陰陽師やりますね。
20121030

 この日曜日、初めて狂言の舞台を観てきました。ここは正直に申しましょう。野村萬斎さんが観たかったから行ったんです。萬斎さんのことを好きな友人が誘ってくれたんです。でももちろん狂言にも興味はありましたよ。ただ萬斎さんじゃなかったら、直接足を運ぶことまではしなかったんだろうな…。。
 以前千駄ヶ谷にある会社に勤めていたので、国立能楽堂はランチの場でした。館内の食堂は平日ランチやっているのだ。いつか舞台観にきてみたいなぁとは思っていたけど、案外早くに叶いました。

 さて肝心の舞台ですが。
 なんせはじめてなもんで、まず場の雰囲気にのまれ。ほえ〜、ほあ〜、としているうちにあっさり始まり。普通のホールなどでの劇と違って、幕もなく舞台見えているし、スポットライトが当たるでもなく、「そこからそのまま」始まる印象。一瞬で入る「スイッチ」はなんだ?演者の存在感?

 わたしの萬斎さんのイメージは朝ドラ「あぐり」のエイスケさんと「陰陽師」の安倍晴明サマ。だけどこっちが「本家」の萬斎さんなのだよね。わたしはこういうとき、情けないかな表現が下手でコトバにできないので、感覚でお察しください。日本の伝統芸能って美しいですな。すごいね。身体が表現媒体というか声も動きも、制約ばりばりなのは日本らしいというのだろうか…。「型」というのですか。すり足、独特の姿勢。声。
 敷居が高そうに見えて、狂言の内容は結構庶民的なものが多いらしく、話が面白く楽しめた。特に「茸(くさびら)」は可愛かった!!狂言には人間外の生き物も出て来るのね。それが今回は「きのこ」。しゃがんだ姿勢のまましゃかしゃか動き回る様子は、ディズニーアニメの「ファンタジア」のキノコの踊りを思い出した。可愛いんだよ!これが。狂言で可愛いと思うとは想定外だったわ〜。

 明日はそんな萬斎さんの「陰陽師」(あれ萬斎さんの映画初主演作だったんですね)をテレビでやりますね。観たいっ。
 そして11月公開の「のぼうの城」も観たいっ。

 11月は堺さんの映画も公開控えてるんだよ。(「その夜の侍」)
 (↑なぜいきなり堺さんになるかな)

 忙し忙し。そわそわ。
 あっ、オーストラリアではBeck のライブもあるんだよな〜。ネットで観れないかな〜。

 あっ!!陰陽師といえば、YouTube にこんな動画がありました。
 かかかかかっちょいい!!

陰陽師ー舞ー

 今日は満月ですって。
 だば。

20:33 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

消しゴムカスがすごくてね。 

ひとりごと |


 本日のつぶやき。

20121029

 ただ何となく文章が書きたい。
 という時もある。

 ブログリニューアル(というほど大げさなものではない)したからとにかく何かアップしたかったとか言ってしまったらミもフタもないではないの。

 ところで弊ブログは縦書きなどという変わったプラグイン(?)を使用しているため、一部携帯などでは表記がオカシく、読みにくいものになっている場合があります。また、スマフォの方はPC 表示での閲覧を推奨いたします。ご不便おかけします。いちばんはPC で見ていただくと読み易いです。
 つまり読んでいただくことより筆者のこだわりを優先しているというとんでもないトコロです。
 さて話を戻し。
 グラフィック…いや、イラストに近いか…の、仕事をしているとき、わたしは必ず下描きをしてからスキャンして作業する。時にはペンで清書して読み込む。このあたり、非常にアナログな作業を踏んでいると自覚している。何度かタブレットに挑戦するものの、どうにもこうにも慣れないうちに挫折してしまうのだ。もうこりゃ仕様がないなと割り切って、今日も鉛筆の線をこしこし消してスキャンしておりました。
 手間だけど、楽しいのだよね、この「手描き」がね。やりたいんだ、結局。そういうことだ。

 ところで昨日、はじめて狂言の舞台を観てきました。野村萬斎さんの舞台です。「花子」と「茸(くさびら)」。ゆっくり反芻して感想はまた後日。

 だば。(←以前、東北が舞台のお芝居を観て以来お気に入り。だば。)

20:45 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit